となりの芝生の向こうがわ

主に腐っています。はじめての育児に奔走しながらブログ書いてます。

親バカと3分スケッチ

寒中お見舞い申し上げます。

ここ数日、一気に冷え込んでしまい、中々外に出れずにお家に引きこもっています。

娘と一緒だからまあいいんだけどね!とは思うものの、離れると泣くし、一人で遊んでいるかと思い、本でも広げようものなら笑顔で邪魔しにくるので、私は何もしてません。できません。とりあえず一緒に遊びます。そんな娘のブームは絵本を次から次へと持ってくることにはまっているようです。読んでいる最中に次の本を持ってこられます。最後まで読むことはほぼありませんが、絵本に興味は持ってくれているみたいです。可愛いです。

絵本をみながら「にゃーにゃ(猫)はどれ?」って聞いたらちゃんと指差したので、ちょっとうちの子なんでもできるんじゃ……成長遅くないんじゃ……と、親バカを発揮しました。まぐれかもしれませんけどね。

 

 

娘の昼寝中やら夜やら、ちょっとずつ本を読んでいるんですが、最近、スケッチは3分 (光文社新書)を読みました。

子どもの頃から、文章を書いたり読んだりするのは好きなんですが、絵を描くと壊滅的な物ができあがります。思っていたのと違う……という現象が発生します。素敵な絵を描ける人は羨ましいな、と思いながら育児ブログのイラストをみています。

で、羨ましいなで終わらせちゃうのもな、と思ったので、自分でもできそうな「3分スケッチ」を始めてみることにしました。こう、細部まで描くわけではなく、瞬間で捉えてサッと描くみたいな。「これならできる」と自分で思い込むって大切ですね。

味のある絵を目指そうかと思います。

 

 

あ、寒中見舞い出さなきゃ。