となりの芝生の向こうがわ

主に腐っています。はじめての育児に奔走しながらブログ書いてます。

産後すぐは気を付けてね

昨日、大学時代の友人たちと会ってランチをしてきました。娘を夫にあずけ、そわそわしながら都内まで行ってきました。久しぶりにたくさん喋って喋って喋り倒したので、とてもいいストレス解消になりました。

 

 

今二人で仕事をしていて、家事をする上で、片方(主に妻)が大半を担っている状況で、もし子どもができたとすると、家の中がしっちゃかめっちゃかになるから、今から夫と家事の分担をしておくといいと思うよ。まあ、分担とまではいかなくとも、夫と家事が共有できて、二人ともできるようにしておければ理想だけども。子どもが生まれると、生活の中心が子どもになるし、優先順位だって変わってくる。今まで簡単にできていたことができなくなるし、二人で協力しなきゃ生活が回らなくなる。子どもの年齢がある程度になればまた状況が変わるかもしれないけど、子どもが生まれてから数か月は、独身の頃や、妊娠している頃に思い描いていた理想が崩れ去ることは確実なので、あまり気負いすぎないで、二人で協力していくことが大切です。もし無理ならお互いの実家に助けを求めよう!

私の場合だと専業主婦だし、家庭内分業制にしているので、家事も育児も大半はやるけど、それは人によって違うから、問題が起こったらまずは話し合いです。そして歩み寄りが大切。

 

子どもできてさ、産後ってどうなの?と新婚の友人に聞かれたので、答えてみたことをざっくりまとめてみました。そしたら、あまりにも必死すぎて友人たちに引かれてしまったのですが、それくらい大変だということが伝わったみたいなのでよかったです。

 

 

夫が気持ち悪くなって触りたくなくなるという産後クライシスは、自然に治るとか治らないの話ではないし、ホルモンの変化が関係するので仕方がないと思います。だから、それを防ぐわけではないけど、軽くするために夫の協力は必要不可欠なんだと感じております。産後すぐの大変な時期に、二人暮らしから三人暮らしになった時に、夫と妻がどれだけ家事と育児を協力してやることができるのかが鍵になるんじゃないかと。

 

私の場合は、仕事をしてないし家にいるわけだし、家事も育児もすべてやらねば、と思ってなりふり構わない時期があったんですけど、夫が積極的に育児をしてくれたので、任せていいんだと思うようになりました。

ただ、産後クライシスのせいだと思いますが、夫が育児を積極的にやってくれるにも関わらず、娘を取られてしまうんじゃないかと思ったことがあります。今はそんなこと思わないんですけど、今考えるとなんちゅうことを考えていたんだと思ってしまいます。

 

 

昨日は連絡はしたものの、調子乗って帰るのが遅くなってしまったんですけど、そしたら夫が娘を寝かしつけまでしてくれていたのでとても助かりました。むしろ感動しました。娘が産まれたばかりの頃はおむつを換えるときに、うんちをしただけでどうしようどうしようと騒いでいた頃とは大違いです。